Ashita no Tame no Tenhou

明日のための天鳳

天鳳はラス回避ゲーム

天鳳は、「ラス回避ゲーム」ということを常に意識しなければいけません。

順位に素点は全く関係なく、オーラス終了時に誰かが3万点以上の点棒があれば終局し、単純に点数が高い順から順位が決められます。

その順位に伴って、ポイントやレートが変動します。

私の様に、いわゆるメンゼン派は、このルールに不満があるユーザは多いのではないでしょうか?

素点も含めて、ポイントやレートが変動した方が、更に面白くなると思いますけどね・・・。

というわけで、天鳳ではラス回避を最重要視しなければいけないので、以下の様な局面の場合、



赤ドラがあるので、どこから出上がってもトップの状況ですが、何せ役が無いので、ピンズ周りの両面変化を期待してダマテンで構えました。

ダマテンにした最大の理由としては、リーチをかけた場合、ラス目は間違いなくゼンツしてきますし、トップ目の親もオリない可能性が高いです。

3900の放銃をしたら3位に転落しますし、ラス目からの追いかけで、最悪ラスに転落する可能性も十分あります。

もしラス目からのリーチが入った場合、完全ベタオリしてラス目がツモって2位に浮上しても、私はラスにはなりません。

このようにオーラス時に、2着目と3着目では雲泥の差があるということを再認識しました。

結果的に対面の親がツモって終局しましたが、これは最良の判断だと思いました。

おすすめ