Ashita no Tame no Tenhou

明日のための天鳳

アシストとサシコミについて

「親以外の他家の責任」の「南家の場合」で軽くお話したように、調子付いている親を蹴りたいのに明らかに聴牌が遠い場合、下家に甘い牌を切り代わりに親を蹴ってもらうという事ですが、点棒的に十分余裕が有るなら他家にアガってもらいましょう。

オンライン(ネット)麻雀は空気を非常に読めないため、アシストをしても気付かない下家がいるのも事実です。

サシコミを行う場合は、必ずドラの枚数を数えてください。「赤アリ」の場合、満貫・跳満クラスの手は簡単にできます。

鳴き癖がついてる打ち手なら点数状況を把握していない人が結構いますので、中張牌をガンガン切って鳴かせてゴミ手でアガってもらいましょう。

次に「サシコミ」ですが、現時点で自分がダントツのトップ目でとにかく早く終局を迎えたい場合、2着目との点差がかなり有るとき、明らかに他家(親以外)が安目の鳴きが入って親番を流す場合、あえて自分が放銃するとこがあります。

サシコミを行う場合も必ずドラの枚数を数えてください。

サシコミは殆どラス前又はオーラス時になりますので、ここまでの他家の手を良く見て判断してください。

ただ、中々アタり牌が読めないのも事実です。明らかに2000点程度が関の山だろうと思って中張牌を切っても中々アタらないこともあります。

絶対に放銃ができない時はアタリ牌を掴むことが多々あるのに、サシコミでアタらないとは皮肉な話ですw

その局その局と点棒状況で、「誰と組むか」が「アシスト」と「サシコミ」には最も重要な問題となります。



下家の捨て牌からして、ソーズが欲しいのが分かります。



下家はラス目なので、そこそこ高い手で上がってもらっても構いませんので、ソーズをアシスト。

結果、下家は上家から7700を出上がって、私から見てライバルの対面の親番を蹴ってもらいました。

おすすめ