Ashita no Tame no Tenhou

明日のための天鳳

親以外の他家の責任

東、南、西、北と麻雀には席順がありますが、各家の責任というのがあります。

「責任」というと重い感じに聞こえるかと思いますが、分かり易いようにこの言葉を使います。

これは、リアル麻雀・オンライン(ネット)麻雀共通して言えることです。

「東家」は親ですので、連チャン又は高打点を取りに行くことが最大の目標です。

2着目との点差が大幅にある場合は、小さい追加点を取りに行く連チャンの必要はそれ程重要ではありませんが、基本的には連チャンor高打点を取りに行く打ち方になります。

その時、他家は親番時と同じ打ち方で良いのかと言うと、実は違います。

もちろん点棒が足りない時に高い役を作りに行くというのは当然ですが、自分の風は今現在どこなのかという判断をすることが非常に大切です。

では、簡単ですが順番に説明します。

【 南家時の場合 】
調子付いている親、若しくはレート的に近い親の場合は、とにかく親番を蹴る役割になります。
初心者の鳴きまくることが許される立場でもあります。
北家や西家からポンをすると、親へのツモが遅くなり回数も減ります。
早アガりして勢いを付けて、次が自分の親番になりますので、その勢いで親連チャンor高打点という形が最高です。

【 西家時の場合 】
ある意味自由に打てる風です。
ただし、鳴いても構いませんが、なるべく高打点を取れるように打ちましょう。
自由に打てる立場なのですから、わざわざ安い点でアガる必要はありません。
しかし南家が遅い場合、要するに南家の手が悪いと感じたら、代わりに親番を蹴る役割になることもあります。
「アシスト」や「サシコミ」という技術がありますが、そこそこ麻雀を打っている人が南家の場合、自分が親を蹴れないと判断した場合は、甘い牌を切り、西家に鳴いてもらい西家に親を代わりに蹴ってもらうことが多々あります。
南家がその様な打牌になったら、代わりにアガってあげましょう。

【 北家の場合 】
実は北家の責任というのが一番重要で、下家の親に甘い牌は切れない立場です。
また、余程自分が有利だと判断できる手牌でない限りポンは厳禁です。
南家のポンとは逆効果で、北家がポンをすると親にツモが早く回ってしまいます。
北家がポンポンしていると、他家からは「あいつバカか」と思われます。
そう思われるだけなら百歩譲って良いのですが、親を有利な状況へ持って行っていることは事実です。
自分がアガりたいために、甘い牌を打つのも親に喜ばれるだけです。
調子付いている親の場合は、特に北家は慎重に牌を絞って打たなければいけません。
極端な話、自分の手牌を崩してでも親に甘い牌は切らないという心構えでいたほうが良いです。
私が北家の時、親が明らかにチンイツ狙いだと分かったときに自分が満貫聴牌の時でも手を崩し、これ以上親に鳴かれないように徹底的に牌を絞ったこともあります。


つまり麻雀は基本的に4人で行うゲームですので、自分一人の空間だと思わないことです。

そして毎局自分の役割は変わりますので、4通りの顔(打ち方、考え方)を持っていなければいけません。

麻雀は、ルールに反すること意外何をやっても良いのですが、最終的に自分が勝たなければいけません。

鳴いて親を蹴ったり、親に甘い牌を切らない等、特に北家時は自分が不利な立場に立たされていると思われがちですが、調子付いてる親をこれ以上アガらせない事が、実は自分に有利な方向へ持っていっているのです。

毎局自分の立場(風)で、どうすれば自分が一番有利になれるかを考える必要があると思います。

自分が早アガりするのが有利なのか、他家にアガらせないことが有利なのか、毎局場の空気を読む力が非常に大切です。

おすすめ