Ashita no Tame no Tenhou

明日のための天鳳

反省の大切さ

前回に引き続き精神論の話になってしまいますが、1半荘が終了したら自分の順位が関係なく反省することが大切です。

「トップだったから、これで良し。」という訳ではなく、1半荘毎に必ずといっていい程反省すべき点は沢山あります。

「結果良ければ全て良し。」という言葉がありますが、麻雀については私はそうは思いません。

前回の「オカルト」ではないですが、結果勝てたから良かったのですが、途中ある流局時の他家の手牌を見て、ヒヤッとすることが何度もあります。

単に手牌が良いだけではなく、自分がうっかりミスをした捨て牌が1巡遅かったら放銃していた。というケースもあります。

私は、放銃そのものを否定している訳ではありません。「悪い放銃」と「仕方が無い放銃」の2種類があると、自分の中で定義付けています。

「悪い放銃」というのは、明らかに他家の捨て牌である程度読めるマチを何も考えずに切ってしまう事。これは明らかに雑に打っている証拠です。

では、「仕方が無い放銃」というのは、自分はかなり好形の聴牌でオリるか押すか迷った時、放銃覚悟で切って結果放銃した場合。

もし後者のケースで、オリていたら逆に悪い打ち方だったと反省します。(点棒状況や親か子の場合と様々ですが。)

要するに勝負するべき所で止めてしまった、という事は私は間違っていると考えています。

また、「リーチ」や「鳴き」についても反省することがあります。

一般卓や上級卓は序盤からエンジン全開の、全ツッパ3鳴き4鳴きで来るのでオリまりませんから、ヤミテンでもリーチでも然程変わりませんが、いつもの癖で「ココはヤミテンでアガる状況だから。」と考えてしまい、結果低い点での出アガりとなるパターン。

つまり相手によっては、ヤミでもリーチでも出アガリはしているのです。こういう場合も私は反省します。

「鳴き」についても、私は両面塔子はあまり鳴きませんが、アガりを焦ってしまい普段やらないことを思わずやって、結果悪い展開になる事があります。

逆にカンチャンで鳴かなければいけないポイントで、うっかり忘れる場合もあり、この様な事も反省対象になります。

あと最悪なのが、オリに失敗したとき。これは、反省というよりショックが大きくてしばらく立ち直れませんw

回し打ちならともかく、ベタオリしているのにリーチ以外の他家に放銃するパターンです。

このケースでは放銃点はあまり重要ではありません。ベタオリ時の放銃は最悪です。。。

まだまだ、反省するポイントは色々なケースがあります。あまりにも広すぎるので書ききれませんが、「反省する。」ということは、今後のスキルを上げるうえで重要な要素だと私は考えています。

ただ、「反省」というのは、「ポジティブ」より「ネガティブ」に近い行為ですので、打っている途中で反省するのは、絶対に止めたほうが良いです。

これは「引きずる」行為につながりますので、必ず1半荘が終了してから反省するべきだと私は考えています。

おすすめ